データ入稿について

img-page_data_main

オリジナルデザインのラベルシールをご発注の場合の、「受付可能なデータ形式」や「データ・原稿の入稿方法」、「ラベル用データの作成方法」などついてご案内します。
シール本舗には、シールデザインの経験が豊富なデザイナーがいますので、ラフ案でのご注文や、デザイン制作のご注文もお受けしています。

入稿可能なデータ形式

各種のデータを受付ておりますが、多くの場合、 当方での補正データ変換作り替えなどが発生し、その際には変換料や再作成費用が発生する事があります

推奨するデザインデータは、
①印刷用PDF(PDF/X)
②AdobeIllustratorのアウトライン済データ(AI)

の”完全データ”です。これは当店で手を加える必要のないデータのことを言います。アウトライン済みのIllustratorのデータでも環境に左右され、かなり違った結果になることがありますので、

デザイン制作者の意図通りに再現するには「 印刷用PDF(PDF/X)」による入稿を強く推奨しています。

※ラベル印刷用のデータは一般の紙と違い、シールをカットするための線「カットライン」なども必要です。

» ラベル用「データの作成」方法(準備中)

専用ソフトウェア等で作成したデータ

★推奨:印刷用PDF(PDF/X)

入稿データ印刷用PDF(PDF/X)

PDFファイルで、印刷用として書き出された印刷用のPDF「PDF/X」なら、どの境でもほぼ制作したとおりに閲覧でき、印刷時の再現性がほぼ100%です。

印刷用PDF の中でも「PDF/X-1a」や透明効果対応「PDF/X-4」でのご入稿を推奨しています。(オンデマンド印刷では「PDF/X-1a」のみの対応となります)

Adobe illstrator/photoshop

img-page_data_adobge

Adobe illstrator(AI)等をお使いの場合でも、原則「PDF/X」に書き出して入稿ください。
AIデータも、環境に依存しそのままでは崩れが生じたり、パーツのサイズが狂ったりします。

上記で入稿される場合は必ず「アウトライン処理」を施したものを送りください。 また、”仕上がりイメージ”のPDF等も添付をお願います。 「カットライン」のレイヤーも必要です。

その他

印刷の為の「色」やラベルをカットするための「カットライン」などが設定でき無ない為、原則、当店でのデータ変換・補正などが必要になります。 費用が発生する場合がありますので、事前にご確認ください。

画像データ

img-page_data_jpeg

JPEG・PNG・GIFなどの画像の場合、当店でデータ変換・補正等が可能ですが、解像度によって荒くなる場合があります。

Microsoft Officeアプリケーション

img-page_data_msoffice

Microsoft Officeアプリケーション(Word・Excel・Powerpointなど)のデータの場合には、頂いたデータから弊社にて印刷用illstratorデータ等への変換を承っています。※別途、データ制作料が必要な場合があります(1000円~)。

手書きイメージ(ラフ案)

img-page_data_rough

手書きやワープロなどでのイメージラフ案から、 専門デザイナーが目的・用途にピッタリのデザインを制作しますので、お気軽にご相談ください。
※デザイン料が別途発生します。お見積りいたします。

データ作成方法・注意点

ラベルシール印刷用のデータの作成方法や注意点をご案内しています。

画像データとフォントの取扱い

img-page_data_font

画像解像度は「350dpi以上」
画像は埋め込まず「リンク」のデータとし、別途画像データを貼付
フォントデータは「アウトライン」化

してお送りください。

※印刷では、解像度350dpi以上で印刷するのが一般的です。もし、350dpi以下の画像で印刷すると、絵柄・文字のエッジ(輪郭)がぼやけたり、ギザギザした粗い感じの仕上がりになってしまいます。
また、文字化けなどを防ぐため、フォントデータは必ずアウトライン化してください。

トンボと塗り足し、文字切れ

img-page_data_tonbo

必ず「トンボ」を付ける
外側の「塗り足し」をする
・「カットライン」を入れる
・「文字の余白」をとる

シールは1枚分を「カット」するので、

※「カット」のためのラインを専用のレイヤーで入れてください。
※塗り足しは仕上がりサイズからおよそ3mmは必要です。また、レイアウト端の文字切れれ防止に「余白」を取ってください。
※illustratorでは、塗りのパターンや透明効果について適切に設定されていないとズレや荒くなったりする場合がありますのでご注意ください。

ご入稿方法・ご注意

確認要PDFデータの添付

img-page_data_checkpdf

データ本体

ご入稿時に、データ内容・仕上がりイメージの“確認用”として「PDF」のデータの添付をお願いします。

illustrator/photoshopデータの場合

img-page_data_adobge

・ 必ずCMYK
・ソフトウェアバージョンの明記

※印刷のカラーは「CMYK」を使用します。
※バージョンの記載がないため、バージョン違いいよるトラブルが発生します。(使用できない機能を使った部分が正常に表示されないなどの問題が起きる)

その他のソフトで作成したデータの場合

img-page_data_othersoft

Microsoft Office(Word・Excel・PowerPoint)などのソフト のデータの場合は、Adobe Illustrator等のソフトで印刷に適したデータに変換する必要がありますので、事前にご相談ください。(別途変換費用が発生する場合があります)

※データ変換した場合、ご希望の色にならない場合や、データの種類によっては、印刷用データとして使用できず、新規作成が必要になることもあります

お見積りの際にお尋ねください。

入稿データの送り先・方法

img-page_data_send

送付方法は、データの媒体や容量等の条件によって変りますので、下記の中から適する物をお選びください。ご不明な場合はご相談ください。

デジタルデータ

容量が小さい場合はメール添付。大きい場合は「ファイル転送サービス」でお送りください。

3~4MB程度までメール:ご注文時に送付先メールアドレスをお伝えします。
5MBを超える場合ファイル転送サービスをご利用ください。
当店では「ギガファイル便」や「ACdata」を使用しています。

原稿・現物サンプルなど

原稿や見本が紙で、写真やスキャンでは細かな点が伝わりにくい場合は、データをCDやメモリに入れてのお送りになる場合は、郵便・宅配便等でお送りください。ご注文時に送付先をお伝えします。

»お問合せページ