デジタルラベル印刷

2020夏_暑中見舞い「夏のおいしさ」プレゼントキャンペーン
シール本舗のデジタルラベル印刷で機動性を

「デジタルラベル印刷」をオススメする理由

「with/afterコロナ」の時代における最も重要なポイントは、迅速で柔軟な変化への対応能力=“機動性”です。

デジタル印刷による「ラベル」は、元々ラベルが持つ高い機動性に、価格の抑制と商品政策やマーケティング政策など全般に渡る能力が加わり、ビジネスや商品に高い付加価値を載せる事が可能です。
特に「電子ブック」連携など、デジタルコミュニケーションの能力向上を支援します。

「ラベル」は、高い機動性を持った販促ツール!

デジタルラベル印刷は変化に強い喫動性

元々「ラベル」は、

  • ①欲しいタイミングで作れる
  • ③簡単に作れ、すぐに貼れる
  • ④商品ラベル・内容ラベル/アイキャッチ・キャンペーン

など、固定的な製品パッケージに比べて、非常に高い機動性を持った「商品販促ツール」です。

デジタル印刷ラベルは、さらに高い機動性を発揮!

レジ樽ラベル印刷は版不要で多品種・小ロットも低コスト

儒来のアナログ印刷機に比べ、デジタル印刷によるラベルなら、さらに、

  • ①圧倒的な短期間製造
  • ②小ロット& 多品種 の同時製造
  • ③「版」不要で、多品種・小ロット製造の低コスト製造

など、商品の多シリーズ展開や販路毎のデザイン、季節・イベントや突発的な状況変化に迅速に対応できる「マーケティングツール」能力を持っています。

デジタルラベルで解決できる事

with/afterコロナ時代に、デジタルラベル印刷が解決できること

不意にやってくる「変化」への柔軟な対応に備えるとともに、機動性を活かした積極的「販促」活動も強力に支援します。

世の中・市場の急な変化に迅速対応!

今回の「コロナ禍」に代表される“変化する市場”への柔軟な対応を可能にします。

デジタルラベルでコロナ他変化に迅速対応
  • 製品材料の変更
  • 注意書き等の追加
  • 品名の変更
  • 販売ターゲットの変更
  • 卸・販売先、販路の変更
  • キャッチコピーなどの変更

★ポイント:パッケージは初期投資も大きく、大きなロットでの制作となり、大量のストックも無駄になる場合があります。また、デザインなども作り込み過ぎてガチガチ状態だと、変更や修正が難しくなります。また、ラベルも単価のみに気を取られて大量製造・ストックする方法の場合、在庫はすべてムダとなります。
これに備えるには、パッケージとラベルで上手く分散し、変更や修正がし易いようにしておくことが、with/afterコロナの商品とパッケージのポイントです。

商品・販促政策への積極的活用が可能!

ラベルの機動性を活かして、こちらから市場へ仕掛ける活用が簡単に始められます。

デジタルラベルの積極的活用で商品政策・販促政策を実施
  • 季節毎にデザインを変える
  • 卸・販売・OEM先毎にデザインを変える
  • 男性・女性・業務用などターゲットごとにデザインを変える
  • 複数デザインを同時作成して、実際に売れ行きを試す
  • 「販促」や「キャンペーン」用のラベルと組みあわせてPR

★ポイント:パッケージとラベルで上手く役割を分散し、変更や修正がし易いようにしておくことが出来れば、機動性の高い「ラベル」を活かして、シリーズ展開やターゲット・販路毎デザインなどの「商品政策」や、販促ラベルを併用した「販促政策」も効果的に実施する事も可能になります。

さらに高度なクロスメディア連携!

デジタル連携によって、季節ごとのPRやキャンペーンなど実施を支援します。

デジタルラベルならQRコードとスマホでンしブック連携

QRコードで「電子ブック」連携!

レシピブックやブランドブックなどをスマホでいつでも閲覧。

デジタルラベルはスマホ連携で電子ブックと相性跋文
  • レシピブックやファッションブック
  • シーリーズ商品や関連商品カタログ
  • 知ってほしい、開発やこだわりのストーリー

など、ほとんどの消費者が持っているスマホで、デジタルコンテンツへシームレスに連携。商品が持つ「より詳細な情報」を伝える事ができます。
シール本舗では「電子ブック」作成サービスもご用意しています。

★ポイント:しかし、スマホで「テキストのURL」を入力するのは面倒です。そこで、QRコードをラベルに印刷しておけば、クリック二つ程度で簡単にアクセスできるようになります。
QRコードを季節ごとに変えたり、複数をランダム印刷、エリアごとに変えるなどで、よりターゲットやトレンドに合った情報を届けることができます。

“AR”連携で「スタンプラリー」なども可能!

シール本舗では「AR」連携サービスをご用意しています。

デジタルラベルとスマホでスタンプラリー
  • ラベルやカタログの画像などを読込用マーカーにできる
  • 「フォトフレーム」で、自撮りや試着
  • カタログ画像などにかざして中身の動画を流す
  • GPSや時間帯で表示内容を自動差替え
  • スタンプラリーを実施

など、様々なフォトフレームをプレゼントして「SNS」への投稿を促して“拡散”を仕掛けたり、スタンプラリーで“応募”をしてもらうなど、「双方向コミュニケーション」を実現して、消費者参加型の販促を可能にします。

お気軽にご相談ください。

»お問合せ